中古農機具の選び方>●ブームスプレーの確認項目


ブームスプレーと呼ばれる大型の農業機械があります。

トラクターの後部にタンクと開閉式のノズルの付いたブームが
取り付けられており、ブームの長さは10メーター前後とかな
りの大きさです。

タンク容量も500〜1500リッターのタンクを搭載し、
大規模農家の防除作業を効率よく行えるようになっています。

これに似たもので、タイヤの径が大きく、地上高の高いハイク
リアランスブームがあり、こちらは自走式でタンク・エンジン
・車体・ブームが一体構造になっている大型機器です。

メーカーによって呼び名が違い、乗用管理機と呼んでいるメー
カーもあるようです。

いずれにしても大型でかなり複雑な機構を持った大規模農家向
けの機械ですから、あまり一般的な機械ではありません。

圃場の大きい東北地方や北海道、九州、千葉、茨城などで使用
されているようです。

エンジンなどはディーゼルエンジンが主流のため、エンジンが
掛かれば問題はないはずで、その他に見る部分としては、ブーム
を支えている鉄製の支柱や、アルミで出来ているブーム本体の
サビや腐食の状態を確認します。

作業中は常に農薬の噴霧を受けている場所だけに、使用後のメン
テナンスが十分できていなければ、サビや腐食により、穴などが
空いている場合もあり、各部の点検と確認は必要です。

ブーム装置を支える部分の根元にはグリスを注入する場所もあり、
その部分のグリスを切らせたまま使用していれば、開閉時に力が
掛かる部分ですから、油切れのまま使用を続ければ軸の部分が磨耗
・損傷してしまいます。

開閉機構の根元部分の状態には特に注意したいものです。

タンクの状態が良く、動噴にも異常がなく、価格が安ければ元の
価格が高額なだけにお買い得だと思います。

ただ、程度の良い中古品はなかなか出て来ないのが現状ですが・・・。

中古農機具の選び方

トップページ
●中古刈払い機はお買得?
●中古チェンソーはここを確認
●中古ヘッジトリマーの要とは
●中古電動草刈り機はお買得?
●中古動力噴霧器の確認項目
●中古動力散布機の確認項目
●中古手動噴霧器は粗大ゴミ?
●ラジコン動噴はここに注意!
●小型管理機は爪が命
●中古土壌消毒機は薬剤に注意
●中古乗用草刈機の注意点
●ハンマーナイフモアの注意点
●中古灌水ポンプの確認項目
●樹木粉砕機は消耗品に注意!
●パワーブロアーの裏技使用法
●中古運搬車の確認項目
●中古トラクターは現状優先
●中古コンバインはお買得!?
●中古田植機は周辺機器に注意
●中古高所作業機は油圧が命
●根切りチェンソーは消耗品?
●中古スピードスプレーヤー
●中古溝切り機はここを確認
●中古汎用エンジンの確認項目
●中古洗浄機は消耗部品に注意
●農家の中古軽トラはお買得
●中古農機具は農機具屋さんで
●中古刈払い機の修理方法
●中古チェンソーの修理方法
●中古動力噴霧器の修理方法
●手動噴霧器の修理方法
●農機具の一番の安全装置は?
●充電式動噴が長持ちするコツ
●手軽な電動チェンソー
●手軽な電動バリカン
●動力散布機の消耗品は何?
●中古種まき機の確認項目
●農機具用特殊工具の使い方
●安いチップソーはダメ!
●2サイクルオイルの選び方
●チップソー研磨機の魅力
●農機具の修理代は高い?
●発電機は中古より新品を!
●小型溶接機は使えるのか?
●中古玄米貯蔵庫はお買得!?
●除雪機を安く買う方法とは?
●ブームスプレーの確認項目
●農機具店は農家のコンビニ?
●保護具ナシ作業は大変危険!
●中古農機具の市場動向は?

その他

リンク募集中