中古農機具の選び方>●充電式動噴が長持ちするコツ


中古農機具としてバッテリー動噴が出てくることはまれですが、
自分で使用していて調子が悪くなった場合の修理方法について
紹介します。

まず不具合の症状の代表的なものとして、充電しても短時間で
モーターが回らなくなってしまうことです。

これは正直言ってバッテリーの寿命で、交換するしかありませ
んが、購入してすぐにこのような症状になるのであれば、バッ
テリーの不具合も考えられますので、購入した販売店に相談し
てみましょう。

製造されてから販売されるまでに長期間保管されていたバッテ
リーがダメになっている場合もあります。

次に多いのはポンプ関係のトラブルです。

バッテリー動噴のポンプは大別すると、ギアポンプとピストン
ポンプの二つに分けられます。

いずれも駆動用のモーターの先に小さなパーツの集まりで出来
ているポンプですから、小さなゴミや石などが詰まりやすく、
ポンプの圧力が上がらない場合は分解して掃除する必要があり
ます。

その他には、ギアポンプの欠けやパッキンの損傷などで圧力が
上がらないケースもあり、その場合は部品の交換などが必要と
なります。

ただ、このポンプ部分の部品が非常に高額で、ポンプ部分の
部品を全て交換するような修理になれば、新品のバッテリー
動噴の半分くらいの金額になることもあり、バッテリーなどが
消耗しているバッテリー動噴であれば、新しいバッテリー動噴
を購入した方がよいかもしれません。

排気ガスも出さず静かに作業ができるバッテリー動噴を長持ち
させるコツは、とにかく使用後は真水でよくポンプと薬液タン
クを洗浄する事と、バッテリーをすぐに満充電にする事です。

これさえマメに行っていれば、5〜6年は調子よくバッテリー
動噴を使用できるはずです。

中古農機具の選び方

トップページ
●中古刈払い機はお買得?
●中古チェンソーはここを確認
●中古ヘッジトリマーの要とは
●中古電動草刈り機はお買得?
●中古動力噴霧器の確認項目
●中古動力散布機の確認項目
●中古手動噴霧器は粗大ゴミ?
●ラジコン動噴はここに注意!
●小型管理機は爪が命
●中古土壌消毒機は薬剤に注意
●中古乗用草刈機の注意点
●ハンマーナイフモアの注意点
●中古灌水ポンプの確認項目
●樹木粉砕機は消耗品に注意!
●パワーブロアーの裏技使用法
●中古運搬車の確認項目
●中古トラクターは現状優先
●中古コンバインはお買得!?
●中古田植機は周辺機器に注意
●中古高所作業機は油圧が命
●根切りチェンソーは消耗品?
●中古スピードスプレーヤー
●中古溝切り機はここを確認
●中古汎用エンジンの確認項目
●中古洗浄機は消耗部品に注意
●農家の中古軽トラはお買得
●中古農機具は農機具屋さんで
●中古刈払い機の修理方法
●中古チェンソーの修理方法
●中古動力噴霧器の修理方法
●手動噴霧器の修理方法
●農機具の一番の安全装置は?
●充電式動噴が長持ちするコツ
●手軽な電動チェンソー
●手軽な電動バリカン
●動力散布機の消耗品は何?
●中古種まき機の確認項目
●農機具用特殊工具の使い方
●安いチップソーはダメ!
●2サイクルオイルの選び方
●チップソー研磨機の魅力
●農機具の修理代は高い?
●発電機は中古より新品を!
●小型溶接機は使えるのか?
●中古玄米貯蔵庫はお買得!?
●除雪機を安く買う方法とは?
●ブームスプレーの確認項目
●農機具店は農家のコンビニ?
●保護具ナシ作業は大変危険!
●中古農機具の市場動向は?

その他

リンク募集中