中古農機具の選び方>●ハンマーナイフモアの注意点


ハンマーナイフモアと呼ばれる草刈機があります。

ハンマーナイフと呼ばれる長さ10〜15センチ程のYの字を
した刃が軸に多数付いており、それを高速で回転させる事により、
文字通りハンマーで叩くように草を叩き切っていきます。

切られた草は粉々になり、普通の回転式の刃を持つ走行モアに
比べて、刈られた草の処理の仕方が違ってきます。

このハンマーナイフモアの中古農機のチェックポイントとしては、
まず、刃を回転させて刃を取付けている軸にブレなどがない事を
確認します。

高速で回転する軸にブレがあれば、作業中にハンマーナイフに
異常な振動が起こり、ハンマーナイフモア各部の破損につながり
ます。

ハンマーナイフモアはけっこうボロボロになるまで使用する方も
多く、中古ハンマーナイフモアのナイフの状態の確認は必要です。

反対側にひっくり返して取り付け直せば、新しい面を使うことも
可能ですが、反対側の面も磨耗しているようであれば交換が必要
になります。

ただ、交換するにもハンマーナイフのナイフ数が多いため、1枚
数百円の刃でも80枚ほど取り付けてある場合は3〜5万円ほど
の交換費用が掛かる場合があり、注意が必要です。

合わせてナイフ取り付け軸のオイルシールの状態も確認しておき
ましょう。

オイルシールに破損や変形があれば、大掛かりな修理となってし
まいます。

以上の現状をよく確認してから中古ハンマーナイフモアの購入を
する必要があります。

中古農機具の選び方

トップページ
●中古刈払い機はお買得?
●中古チェンソーはここを確認
●中古ヘッジトリマーの要とは
●中古電動草刈り機はお買得?
●中古動力噴霧器の確認項目
●中古動力散布機の確認項目
●中古手動噴霧器は粗大ゴミ?
●ラジコン動噴はここに注意!
●小型管理機は爪が命
●中古土壌消毒機は薬剤に注意
●中古乗用草刈機の注意点
●ハンマーナイフモアの注意点
●中古灌水ポンプの確認項目
●樹木粉砕機は消耗品に注意!
●パワーブロアーの裏技使用法
●中古運搬車の確認項目
●中古トラクターは現状優先
●中古コンバインはお買得!?
●中古田植機は周辺機器に注意
●中古高所作業機は油圧が命
●根切りチェンソーは消耗品?
●中古スピードスプレーヤー
●中古溝切り機はここを確認
●中古汎用エンジンの確認項目
●中古洗浄機は消耗部品に注意
●農家の中古軽トラはお買得
●中古農機具は農機具屋さんで
●中古刈払い機の修理方法
●中古チェンソーの修理方法
●中古動力噴霧器の修理方法
●手動噴霧器の修理方法
●農機具の一番の安全装置は?
●充電式動噴が長持ちするコツ
●手軽な電動チェンソー
●手軽な電動バリカン
●動力散布機の消耗品は何?
●中古種まき機の確認項目
●農機具用特殊工具の使い方
●安いチップソーはダメ!
●2サイクルオイルの選び方
●チップソー研磨機の魅力
●農機具の修理代は高い?
●発電機は中古より新品を!
●小型溶接機は使えるのか?
●中古玄米貯蔵庫はお買得!?
●除雪機を安く買う方法とは?
●ブームスプレーの確認項目
●農機具店は農家のコンビニ?
●保護具ナシ作業は大変危険!
●中古農機具の市場動向は?

その他

リンク募集中