中古農機具の選び方>●中古乗用草刈機の注意点


中古農機具としての乗用草刈機のチェックポイントについて。

乗用草刈機は、乗用と呼ばれるだけあって、機械に乗って草を
刈る機械になります。

共栄社、オーレック、筑水キャニコム、共立などのメーカーが
製造販売しています。

主に果樹園の下草刈りや、ゴルフ場や河川敷の雑草刈りに使用
されています。

50〜60センチ程の草丈であれば、機械に乗ったままどんどん
刈れてしまいます。

それ以上の草丈になると、構造上刈取った草が刈刃周辺に詰まり
やすいため、その場合はハンマーナイフモアなどの機械の出番と
なります。

乗ったまま草刈りが出来るので、作業者にかかる負担は歩行型
草刈機に比べて少なくなります。

中古農機具の確認点は、まず刈刃と刈刃を回すVベルトの状態
を確認します。

この両者の磨耗が激しいと、購入後すぐに交換が必要になりま
すから、注意が必要です。

後は刈取部を保護する鉄板であるモアデッキと呼ばれる部分に、
変形や破損がないか、モアデッキや、その周辺に付いている飛
散防止用ゴム板などがきちんと付いているかも確認します。

このゴム板が無いと、草刈作業の際に、石などが広範囲に飛び
散る原因となります。

後は、ホコリの多い所で使用する場面が多く、エンジンのエア
クリーナーの汚れがひどいため、エアクリーナーが目詰まりな
どを起こしていない事を確認します。

オイルの汚れと共に汚れている状態だと、エンジン不調の原因
となります。

上記パーツに不具合がなければ、中古農機具の乗用草刈機を購入
しても良いと思います。

中古農機具の選び方

トップページ
●中古刈払い機はお買得?
●中古チェンソーはここを確認
●中古ヘッジトリマーの要とは
●中古電動草刈り機はお買得?
●中古動力噴霧器の確認項目
●中古動力散布機の確認項目
●中古手動噴霧器は粗大ゴミ?
●ラジコン動噴はここに注意!
●小型管理機は爪が命
●中古土壌消毒機は薬剤に注意
●中古乗用草刈機の注意点
●ハンマーナイフモアの注意点
●中古灌水ポンプの確認項目
●樹木粉砕機は消耗品に注意!
●パワーブロアーの裏技使用法
●中古運搬車の確認項目
●中古トラクターは現状優先
●中古コンバインはお買得!?
●中古田植機は周辺機器に注意
●中古高所作業機は油圧が命
●根切りチェンソーは消耗品?
●中古スピードスプレーヤー
●中古溝切り機はここを確認
●中古汎用エンジンの確認項目
●中古洗浄機は消耗部品に注意
●農家の中古軽トラはお買得
●中古農機具は農機具屋さんで
●中古刈払い機の修理方法
●中古チェンソーの修理方法
●中古動力噴霧器の修理方法
●手動噴霧器の修理方法
●農機具の一番の安全装置は?
●充電式動噴が長持ちするコツ
●手軽な電動チェンソー
●手軽な電動バリカン
●動力散布機の消耗品は何?
●中古種まき機の確認項目
●農機具用特殊工具の使い方
●安いチップソーはダメ!
●2サイクルオイルの選び方
●チップソー研磨機の魅力
●農機具の修理代は高い?
●発電機は中古より新品を!
●小型溶接機は使えるのか?
●中古玄米貯蔵庫はお買得!?
●除雪機を安く買う方法とは?
●ブームスプレーの確認項目
●農機具店は農家のコンビニ?
●保護具ナシ作業は大変危険!
●中古農機具の市場動向は?

その他

リンク募集中